佐賀 温泉 家族風呂 夢千鳥

立ち寄り湯 日帰り温泉 家族湯 佐賀県 佐賀市 熊の川温泉 家族風呂 豆腐料理 宿泊 御宿 夢千鳥

佐賀 温泉 夢千鳥 TEL
熊の川温泉 お宿 夢千鳥
佐賀県佐賀市富士町上熊川288

 

 

 

温泉お食事宿泊アクセス周辺情報お問い合わせ

夢千鳥だより






facebook

問い合わせ

ポイントカード

夢千鳥にお得なポイントカードができました。お食事・ご入浴・ご宿泊・物販のご利用につき、スタンプを押印します。ぜひ、ご利用ください。


夢千鳥からのお知らせ

もうすぐ佐賀の秋の風物詩「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2018」が開催されます。待ち遠しいですね~。

さて、ここで素敵なお知らせです。バルーンフェスタ期間中(10/31~11/4)、朝のバルーンを鑑賞した後、会場からゆったりバスに乗って富士町の古湯・熊の川温泉でのお昼のお食事を楽しんでいただく「ランチバス」が今年も実施されます♪

夢千鳥のランチバスは、バルーンフェスタ最終日の11月4日(日)に運行します。

10時にバルーン会場を出発し、夢千鳥到着後、ランチを召し上がっていただき、14時にバルーンフェスタ会場へ向かって夢千鳥を出発するスケジュールです。

お食事の内容は、大人の方(中学生~)は、夢千鳥こだわりの豆腐料理中心で、ヘルシーな食材たっぷりの身体に優しいランチ膳、4歳から小学生の方にはお子様ランチをご提供いたします。また、お食事後には夢千鳥の温泉にも入浴していただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事、温泉入浴、バルーン会場から夢千鳥までバス送迎込みで、中学生以上は3,500円、4歳~小学生は2,000円です(いずれも税込み)。

バルーンフェスタ期間中は何かと移動が大変です。会場から、ゆったり楽々バスに乗って是非、夢千鳥の美味しいランチをお楽しみください。ご予約は、富士町観光案内所までお願いいたします。

ランチバスご予約先

富士町観光案内所 TEL:0952-51-8126(10時~17時 水曜休み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度の西日本を中心とした豪雨により、被災された皆様ならびにご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

佐賀・熊の川温泉 お宿 夢千鳥

ホタルの写真小城・祇園川上流付近のホタル(写真:小城市観光協会)

 旅館がある富士町のお隣、小城町は県内でも屈指のホタルの名所として、シーズン中には多くのお客さんが来訪します。
 5月下旬ごろから、祇園川下流の須賀神社付近で飛び始め、気温や湿度の変化に伴い、少し上流の岩松小学校前の親水広場付近、そして、さらに数日すると、もっと川上で乱舞します。
 
 小城市観光協会さんのお話によると、今は、天山酒造付近から荒谷ダム(石体橋付近)で、たくさんのホタルが鑑賞できるそうです。

 6月上旬までが見ごろですので、ぜひ、お出かけください。

 小城町でのホタルシーズンが終わるころ、地元富士町でホタルが乱舞するんですよ。
 代表的なホタルスポットは、町内の苣木地区にある赤い橋付近。商店や家の灯りが少ないこの辺りでは、暗闇の中に光るホタルの優しい灯りが、はっきりと分かり、初夏限定の景色を楽しむことができます。
 
 この季節ならではの佐賀の魅力です。

IMG_1287

GW真っ只中、いかがお過ごしですか?

富士町・熊の川は、耳を澄ませば鳥のさえずりが、
見渡せば新緑が山々に広がっています。

喫茶・休憩室に座っているだけで、複数種類の鳥が合唱しているのが聞こえ、
心地よいBGMになっています。
鳴き声だけでなんの鳥かわかればどんなにいいか…。

喫茶・休憩室は、日帰りのご入浴の方、喫茶でご来館の方々にご利用いただいています。

お風呂上りにここで持参した本を片手に読書をされている方もちらほら…。

あ、本をお持ちじゃなくても、ゆっくりと読書を楽しんでいただけるんですよ。

いま、喫茶・休憩室のカウンター席には、10冊ほどの文庫本を置いています。
「笹沢文庫」といいます。
時代小説や推理・サスペンスがお好きな方ならすぐにおわかりになるでしょう。
笹沢佐保氏のことです。

神奈川県出身の作家 笹沢佐保氏は、昭和62年、古湯映画祭に招待され、初めて古湯に訪れたのをきっかけに、この地の魅力に触れ、昭和63年から平成7年まで佐賀市富士町の古湯に居を構え、執筆活動を行っていました。

佐賀県が舞台となった「取調室」や「女取調官」などは、テレビドラマ化もされ、佐賀在住中には、120冊もの著作を手掛けました。

現在、彼が居住していた住居は、作品や手書きの生原稿などを展示する記念館として開館しています。富士町とゆかりのある笹沢佐保氏の作品に少しでも触れてもらうために、笹沢佐保記念館さんのご厚意で「笹沢文庫」がお宿にやってきました。

笹沢文庫は、館内での読書に限り可能です。ご宿泊の方は、客室に持って行っていただいてもかまいません。必ず、本箱に返却していただければOKです。

富士町にお見えの際には、ぬる湯につかり、そして、お宿で読書をして、笹沢佐保記念館まで足をお運びになってはいかがでしょう。

〇笹沢佐保記念館
佐賀県富士町大字小副川2579
0952-23-7141(ミサワホーム内)
開館日:木曜~月曜
休館日:火曜・水曜
時間:10:00~17:00
入館料:300円、団体(20名以上)200円
小学生以下 無料

ゴールデンウィークを目前に控え、
山やお宿の庭も、新緑がまぶしいです。

庭のしゃくなげは、先日花の時期を終え、
今度は、小さな藤棚に花が咲きました。

喫茶からのんびりと眺めて、春を満喫してください(^^)

IMG_1285タテ